Less is more                             KUWABARA&ASSOCIATES
シンプルな住宅

現場監理日記   基礎から完成まで

木造3階住宅

・ベタ基礎・直根太工法

CG
CG
屋根下地

◇屋根工事

屋根下地防水はアスファルトルーフィングの

重ねを適正に取り施工する

金属屋根の適正な重ね継ぎで施工する。

合板材

◇外壁合板工事

外壁の合板は地震時の壁の剛性を高め、建物の

安全性に重要な役目をします。柱、梁に適切に釘が

打たれているか検査して、耐力が得られる

ようにする。合板の質にも注意を払う。

安い合板は、耐久性がない。

防腐剤

◇外壁防腐工事

土台、柱、壁の防腐剤を1m以上塗布する。

防腐剤は建築基準法でクロルピリホスが

禁止されているので

仕様や性能を確認する。

ネダフォーム

◇1階床工事

1階床下地は、普通木根太で構成されますが、

床下は湿気が多く、木が変動し易くなります。

マンションで多用されている発泡スチロールの

ネダフォームは湿気に強く、断熱性能が良いので、

床が下がる問題が起こりにくい工法です。

外壁耐火

◇外壁耐火ボード工事

木造3階では、準耐火構造でなければなりません。

外部に耐火ボードを施工します。

ボードは重量があるので、下地にしっかり止める

必要があります。