Less is more                             KUWABARA&ASSOCIATES
シンプルな住宅

耐震の方法   調査から耐震改修まで

熊本地震による被害住宅

・住宅調査の方法・各部位

柱
CG
診断

◇既存住宅調査

家の内の基礎、外壁、屋根の構造や築年数を調査する。

家の現在の状態を詳細に調査することにより、正確な耐震診断が出来ます。

調査の方法は、視認及び、写真、水準器等で、床下、天井裏など調査する。

家の図面等が無い場合は、簡易図面を作成して、今後の対策に利用する。

◇既存住宅図面

壁の配置、基礎、壁、床、屋根の構造を図面にする。

平面図

◇耐震診断

・図面を元に、耐震診断をします。

・既存住宅の調査の精度が診断に影響します。

・天井裏等の構造は評価に影響します。

・築年数は、構造の状態を知るために重要です。

◇耐震診断評価

構造評価点1以上でない場合、倒壊の危険があります。

評価

◇改修住宅図面

平面図

◇木造2階建て住宅です

・壁、開口部の配置は耐震に影響します。

・外壁、屋根の仕上材料は、耐震に影響します。

・住宅の地盤が地震時にもっとも影響します。