Less is more                             KUWABARA&ASSOCIATES
シンプルな住宅

耐震の方法   調査から耐震改修まで

熊本地震による被害住宅

・住宅調査の方法・各部位

柱
CG

◇耐震工事

建物の耐震補強の部位

基礎

◇基礎補強工事

外観調査・基礎・壁・サッシ廻り

外壁材料・施工方法等を調査

壁

◇壁補強工事

屋根全体の被害状況

屋根は地震被害の大きさを決める重要な要素です

被害の応急修理が必要です。雨対策・台風対策

柱梁

◇構造(柱、梁補強工事

1階のの床下調査

畳を上げれば、床下を見ることが出来ます

コンクリートのヒビ、割れ、土台のズレを見る

火打ち

◇床補強工事

1階のの床下調査

畳を上げれば、床下を見ることが出来ます

コンクリートのヒビ、割れ、土台のズレを見る

屋根

◇屋根改修工事

天井裏は押入の天井から見ることが出来ます

2階の床の構造を調査、床の強さを調査

屋根裏

◇設備補強工

ガス・水道管の更新

ガス管は40年前は、白ガス管の鋼管ですので、

腐食して危険です。

オール電化の検討をする。