KUWABARA&ASSOCIATES
シンプルな住宅

■土地の売却と購入について                       戻る

公図

土地購入の決定方法

土地購入の決断はかなり難しいと思います。完璧な土地はありません。 土地の良い条件と悪い条件を具体的に挙げ、あいまいな気分で決めないことです。 土地の悪い条件は、住宅設計で改善できることも多いと思います。 一番重要なことは、土地の環境が自分に合っているかどうかです。 他の要因は、住宅づくりで考えて見ることをお勧めします。

土地の購入は土地を売却してから

土地を購入する時、現在の家に住んでいながら、土地が見つかってから考える人が 多いと思います。しかし、購入する土地の手付金を支払ってから家の売却をする と言う方法は あまりお勧めしません。

契約から引渡しスケジュールの確認

何故なら、最近では、土地の価格が下がり、土地神話はもう無くなり、以前のように 上がらなくなりました。購入契約をする前に、家の売却をする方が、無理のない計画です。 不動産屋にせかされて、土地を購入するのはやめましょう。

土地の価格は他人が決める

土地の価格は、所有者が決めるのではなく、あくまでも、土地の実勢価格によって 決まります。以前の価格に惑わされて、売却時期をあやまると、かえって、 安くなる場合が多いと思います。

安い土地には理由がある

土地の価格は、デパートの製品のように、しっかりとした値札がありません。 適正な値段がないのが現状です。自分の買う土地が高いのか安いのかは、あくまでも 他の土地と比較して決まります。土地はバーゲンのような、安売りの可能性は ほとんどありません。もし、著しく安い場合は、何か問題のある土地です。 また、比較的に安い土地は即日売れてしまいます。

不動産契約を良く理解を

土地探しをする時は、購入価格の1割程度、用意してから、探すことです。不動産用語で、 申込金と手付金の違いがあります。よく理解してから、契約することをお勧めします。 良い土地は、建売業者がねらっていますので、契約が早い方が有利です。しかし、 契約には、専門の知識のある方が、一緒に行く事を勧めます。現在の不動産取引は、 まだ、安全とは言えないと思います。

■土地の購入・契約の流れ(契約までの手順はあくまでも参考例です

◇土地物件の現地確認

土地物件の見学 (案内)

不動産屋さんの案内で現地確認をする。説明の言葉はあまり重要ではありません。 重要事項に書かれたもの以外は、言った言わないの世界です。

◇土地購入申し込み

買付証明書の提出(あくまでも購入意思をしめすものです)

不動産屋さんに土地を購入する意思を確認するための書類です。ひやかしを防ぐ意味が あります。(買付申込書・買受申込書等)この時、申し込み金を支払う場合もあります。 申込金は、売買契約しない時は、返却してもらえます 。(良い土地はすぐ売れてしまいます)

◇土地の売買契約

売買契約の締結

売買契約書に署名捺印し、手付金(一割利)程度を支払います。契約書で明記 契約の解約は正当な事由がない時は、さらに違約金が生じます。 銀行から融資を受ける時は、必ず 契約書にローン特約を入れることをお勧めします。 契約前に 重要事項説明を受ける ので、確認する必要があります。 不動産用語の理解あいまいにすると、後で問題が生じます。 ローン特約とは、融資が特約期間に受けられない時、契約を解除できる条項です。

◇土地の条件の確認

建築事務所立会いの場合

専門家が立会いすれば、土地の問題点や、住宅建設の法的条件を確認出来ます。 住宅建設には、様々な制約があります。重要事項説明の用語の説明がわかり易い。

◇銀行ローン申し込み

住宅ローンの申込み・・・・・・住宅ローンを借り入れるには?

銀行に正式に申し込み(土地を探す前に銀行と事前相談が必要) ローンが承認されない場合は土地契約を解除出来ます。(ローン特約がある場合)

◇土地の引き渡し

売買代金の残金の支払い

銀行とローン契約(抵当権設定)司法書士立会い(事前に登記所で土地の確認をする) ローンの場合は金融機関との間で金銭消費貸借契約を締結します。 土地残金の支払い(売買金額から手付金を引いた額) 所有権移転登記申請の手続き(司法書士) 、諸費用 (固定資産税・都市計画税) 手数料 (司法書士など) の支払いなどを行う 。

◇土地の権利書確認

司法書士から土地の権利書を受け取る   (申請してからある程度の期間後)

土地の権利書の内容の確認をする。登記簿謄本は1通必ず申請してもらいましょう。 権利書は重要です。